Dr.C!EKA21




補正の原理

1. 痛い部分だけの爪甲側緑(サイドライン)を切り取りその部分だけに柔らかいTTインプロで人工爪を作る事により巻かない爪となる。

2. パテ状のパテシンを爪甲全体に指で広げてより強固に趾爪と一体化させ強制的に平滑に伸ばす。

3. 中度~重度爪の場合は、爪甲郭部から伸びてきた柔らかい自爪(2mmー3mm)にTTインプロとパテシンで植えたして強制的に平滑に伸ばし末節骨の中央部の凹の部分を乗り切らせる。

4. ゴムカバーを最後に使用する事により趾爪に弾力をもたせ衝撃を分散、吸収させ自爪に近い構造を再現させる。

                                                                                                                             


主な商品説明

シエカ21ライト

シエカ21に合わせた、波数・波長の専用。

火傷のトラブルになるので他社のライトはご使用しないで下さい。



ラルシン 

ファスタルのベース剤として使用する。

爪甲の油分、水分、ダスト除去クレンザー。



ファスタル

爪甲に被膜を形成し爪甲にシエカ人工爪を強固に接着させる。



TTインプロ

不要な巻いて陥入している爪を切り取った後の部分にシエカ人工爪を作る。



パテシン

TTインプロを粘土状にした石英フィラー。

TTインプロで人工爪を作った後に爪甲全体に薄く伸ばし爪甲を均一に伸ばす。



ゴムカバー

TTインプロ・パテシンはとても硬くなる。

自爪に出来るだけ近づけるためにゴム状になるゴムフィラー。

サッカーなどのスポーツ、ジョギングなどをする方は必ずお使い下さい。



ソフトカバー

ゴムカバーをペースト状にしたゴムフィラー。

中度への巻き爪、陥入爪の方の2回目からの補正で使用する。



シエカステンレスヤスリ

テレビでも有名なヤスリ製作所にて作成。

世界にはない

オートクレーブやどんな方法でもサビない。



プラベース

TTインプロで切り取った部分の人工爪を作る時に使う下敷き。1枚で6ヶ所の巻

き爪・陥入爪に使用できる。



巻き爪、陥入爪の基本的な補正方法


巻いて、陥入している不要部分の爪をシエカニッパーで切ります。誰でも施術できます。

A TTインプロ 痛み始めのカットした場所から            F パテシンを必要な量を取り指で丸める。

  米粒1/2のTTインプロの丸いボールを作る。

                                   


B TTインプロ でラインを作る。                              G   シエカライト                                        

                                                                                                  硬化させる。 (30秒~40秒)

   

C TTインプロを左右に動かし薄く自爪と結合させる。  ゴムカバーで人工爪の厚みを調整する。

                             


D ライト TTペストロ硬化終了。                         I    シエカライト                              

                                                                                              硬化させる。 (30秒~40秒)

E シエカステンレスヤスリ 人工爪の形を整える。          J シエカステンレスヤスリ形を整えて終了。

                                                                                             


Dr.C!EKA21の特徴


1. 自爪だけを切り取る事で、痛みをほとんど感じさせずに短時間で補正する。

2. 補正後はジェルネイルやポリッシュができる。

3. 補正後すぐに痛みを感じる事はなく、水泳やサッカーなどのスポーツも可能。

4. 人工爪は透明色なので自爪の状態が見えて確認できる。

5. TTインプロはライトを照射すると蛍光色に光るので自爪の成長具合が伺え、外す時期が分かる。

6. 爪甲だけに結合する為、人工爪は自爪と一緒に伸びる。

7. 軽度の方は1回の施術で終わる。

8. 中度~重度の方は甘皮部分の伸びて来た爪を補正し1ヶ月に1回、計3回の植えたし作業で終わる。




Dr.C!EKA21資料

TOPページへ

 

商品カテゴリー

アプリケーション

巻き爪、陥入爪補正

OEM開発

技術情報

品質管理

TESK